食育

食育・クッキング・菜園活動

・菜園活動を通じ、食に興味が持てるように一年を通じ、子どもたちの身近な季節の野菜を育て、直接自然に触れながら植物の生長を感じ、食べ物の大切さを知る。また、生産者や食事づくりの給食室(栄養士、調理師)に対しても感謝の気持ちを持ちながら残さずに食べます。
・クッキング活動では、自分たちで大切に育てた野菜を使用し、自分で作って食べる喜びを知り、又、指先を使った遊び(白玉粉→小麦粉→片栗粉→寒天)から簡単なおやつ作りに繋げ(パン、クッキーなど)大人との関わりや、友だちと一緒に作る喜びを感じられるようにしています。

菜園活動

野菜の生長を観察

夏野菜(トマト、ナス、ピーマンなど)植物(あさがおなど)の生長の様子を観察しております。

クッキング活動

食育

食育活動として、実際に食材に触れたり、年齢に合わせたクッキング(玉ねぎの皮むきやおにぎり作り等)をしたりする中で、食に関して興味を抱き、喜びや意欲につなげていけるように年間計画をたてています。
また、菜園活動を通して、食物を育てていく中で自然に関心を持ち、食物の大切さを知り、感謝できる気持ちを育てております。これからも食を営む力の育成に向け、栄養士による食育指導も行いながら、保育士も年間食育計画に基づいて菜園活動、クッキング等保育に取り入れていきます。

保育所における食事のガイドラインより(厚生労働省)、保育所における食育の実施にあったては食育の5項目(1.食と健康 2.食と人間関係 3.食と文化 4.命の育ちと食 5.料理と食)にそって各年齢の乳児の発達に応じた計画を立てております。保育士の立てる年間食育活動実施計画と、栄養士の立てる食育計画表を2本柱として調理実施計画を立て、クッキングに取り組みます。又、栄養士による食育指導、季節に応じて各クラス野菜の苗を植え栽培、収穫し、給食で食べる、献立内容をボードを使って赤・黄・緑の食物に分け、それぞれの働きを知ったり、保護者に対しても給食試食会で実際に給食を食べて頂いたり、食生活に関する相談の機会を持って頂き食事の様子、内容、食育への取り組みをご理解頂いております。
今後も添加物のない安心安全な食事を知って頂き、ご家庭での食事の参考の一つとしてお話をさせて頂いております。