和食給食のメリット

キッズパレスでは、和食給食に力を入れております。
統括栄養士として、渡辺雅美先生と共に和食給食に取り組んでいます。

和食のよさを知ろう!

2013年和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
栄養バランスの良い、一汁三菜の食事の形、季節感を大切にした料理や、伝統行事などの和食の特徴が世界に認められました。

よく噛むことでいいことたくさん!

・脳の発達を促します!・・・脳細胞の動きを活発にし子どもの知育を助けます
・言葉の発音がはっきり!・・・筋肉が発達する事で、言葉の発音がはっきりして表情豊かになります!
・歯の病気を防ぎます!・・・唾液がたくさん出て虫歯を防ぎます
・食べ過ぎを防ぎます!・・・・ゆっくりよく噛んで食べる事で適量で満腹感が得られます。

栄養のバランスがよい和食!

主食であるごはん(五分つき米)は、どんなおかずにも合い、組み合わせしやすいのが
特徴です。また、和食のおかず(主菜)は、魚・大豆・肉などを使っています。特に青背の魚に含まれるDHA、EPAは血液をサラサラにする働きがあり、大豆には肉と同じくらいたんぱく質が豊富に含まれており、
子どもの成長に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。

肉には「代謝ビタミン」と呼ばれるビタミンB群が豊富でたんぱく質をエネルギーに変える働きがあります。
また、副菜には旬の野菜や海藻などを使っています。それらにもビタミンやカルシウム、鉄、食物繊維など子どもの成長に欠かせない栄養素が多く含まれます。

調味料であるみそ・しょうゆなど発酵食品にもおなかの調子を整える働きがあります。
これらの食材を偏らないように組みあわすと自然と栄養バランスが整います。

発酵食品ってなあに?

*発酵食品には、身体に良い生きた菌がたくさん含まれています。(それぞれの菌は体にどんな影響をもたらすのでしょう)

「乳酸菌」・・・ヨーグルト・チーズ・納豆・漬物

便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌(人の身体に害になる菌)を抑制し善玉菌(人にとって有益とされる菌)を増やし腸内環境を整え、病気になりにくい免疫力を高めてくれます。

「麹菌」・・・みそ/醤油・みりん

必須アミノ酸、ビタミンB群が多く血行を促進して身体の基礎代謝をあげる作用があります。

善玉菌を増やすには?

*特に難しい事はなく和食を食べるのが基本!
お味噌汁や野菜(食物繊維)たっぷりの食事を心がけましょう!

「ぬきご」や「おから」を使って、定期的におやつとして提供しています。

園で取り入れている五分つき米や高野豆腐、具だくさんのみそ汁など和食として提供されるものはどれも噛みごたえがあり、毎日の食事から自然にしっかりと噛む事が習慣づきます。

嫌いなものを作らない為には、乳幼児期に味覚の情報を増やすことが大切です。様々な味を体験し、美味しさを知る事で味覚は育まれます。

日本の和食には、甘味・辛味・苦味・酸味に加えて”うまみ”という味覚があり、
乳幼児期はこのうまみを育てていくとても大切な時期でもあります。
そこでキッズパレスでは、渡辺栄養士の指導のもと、昆布といりこで丁寧にダシをとることで
うまみ成分の効果を活かし、少ない調味料(減塩)でも美味しく食べられるように心掛けています。

又、日本の伝統食材を伝える為にも和食中心の給食を取り入れています。

栄養士 渡辺雅美先生 プロフィール

子供たちの生活の基本
「食べる」「遊ぶ」「寝る」の重要性を見直す。
日本人の身体にあった和食を作りながら、日本の食文化を継承していく
忙しい保護者に代わって、保育園で和食給食をと提唱されています。

渡辺先生は、栄養士として保育園に長年勤務され、その経験をもとに1996年から保育園の給食に和食を導入する活動を開始。
佐藤小児科委員長・小児科専門医の佐藤医師とともに、アトピー性皮膚炎の子供の食事の指導や、出前料理教室を主宰。乳幼児のアトピー性皮膚炎の改善のため、
定期的に講習活動をされています。

広島大学附属病院勤務
著書「アトピーっ子も安心の毎日ごはん」2011年8月出版 他多数
保育園での和食給食推進・指導・講演活動
大阪府堺市、乳幼児のアトピー性皮膚炎の改善
NPO 食の安全と安心を科学する会 理事

■著書 「アトピーっ子も安心の毎日ごはん」2011年8月出版
渡辺雅美 (著), 佐藤美津子 (監修, 編集)

内容:むずかしい知識や、特別な食材はいりません。
いちばんおいしくて、いちばん簡単な、
アトピーっ子も家族もうれしい和食レシピ。単行本: 80ページ
出版社: 家の光協会 (2011/7/27)
ISBN-10: 4259563351
ISBN-13: 978-4259563356
発売日: 2011/7/27

 

■著書 「うつを改善する食事力』2013年5月5日春陽堂発売。
昇 幹夫 (著), 渡辺 雅美 (著)

産婦人科医、麻酔科医、昇幹夫先生とのコラボ。
主人を薬に出来るだけ頼らず、食事で改善レシピ記載単行本: 221ページ
出版社: 春陽堂書店 (2013/05)
ISBN-10: 4394902916
ISBN-13: 978-4394902911
発売日: 2013/05

昇/幹夫
1947年鹿児島生まれ。九州大学医学部卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として大阪在住。平成11年年間1000名の出産を取り扱う病院を退職。現在、大阪や岡山で産婦人科診療をしながら、「日本笑い学会」副会長として笑いの医学的効用を研究。自称『健康法師』の名で全国講演活動中

渡辺/雅美
保育園で栄養士として長年栄養指導を行い、カタカナのメニューを多く摂るよりも日本人の体質に合う栄養のバランスや腹持ちに優れた和食メニューを、保育園の給食に取り入れてもらう活動を行う。園児らのアトピーをこれまでの経験をもとに薬ではなく食事で改善する指導を行うことで、体調が改善した経験から、「和食療法」を広めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)